どこよりも実践的!朝ご飯を食べない子供を超簡単に操る6つの方法

2019年4月23日

LINEで送る
Pocket

※2019/4/3追記しました。(目次7成功体験を増やす)

「早くご飯を食べなさい」「いい加減にして!早くしないと遅刻する!」「ちょっと!全然進んでないじゃん」もしかして毎朝こんな状況ではありませんか?

そのイライラ本当にわかります。私も同じでした。

イライラしすぎて洋服を着させる時、かなり乱暴になったりしませんか?

もしあなたがこんな状況であれば、もっとイライラしない簡単方法がありますので、是非この記事を最後まで呼んでください。

「そんな方法あったら最初からやってますよ」と言いたくなるかもしれませんが、本当です。

自分で言いたくはありませんが、わたくし電話だけで毎月20件もの契約を生み出せる営業マンで、娘には「早くして」などの言葉を使わずに、早くなるように操る事ができます。

今回は朝ご飯の時に使う言葉や方法をシェアします。どれも実証済みなので是非ご覧ください。

パパとママの朝の仕事の内訳は?

簡単に私達の朝は誰が何をやっているのか説明します。

基本的に「朝食の準備」「娘の着替え」「幼稚園バスまでの送り」「ゴミ捨て」は私がやっています。

ママは?となると思いますが、ママにはとにかく子供と接する時に一番元気な状態でいて欲しいので、私から休んでていいと言っています。

これが私なりの明るい家庭の作り方なのです。掃除なども私大好きです。それでは行きましょう。

なぜ、ご飯を食べずにボーっとしてしまうのか?

多くの子供は「ジュース」「お菓子」など、砂糖の入った甘い物を多く摂取します。すると、血糖値が急上昇するので、体はそれを下げようとします。

その時に、インスリンと言うホルモンが分泌され、その働きで血糖値が下がり、ボーっとしてしまうのです。

朝ご飯をしっかり子供に食べさせる為には、単純に甘いものを控えるという事も一つの手です。こちらの記事がとても参考になります。

つまり自分でもコントロールできない状態な上に「早く食べなさい」と言われるので、大混乱なのです。

しかし、そんな状況も今から伝える方法で改善できます。

累計1500万部のベストセラー「人を動かす」を応用した方法

これから具体的に「言う事を聞かせる為の方法」をシェアします。正確には「その気にさせる方法」です。

私は累計1500万部を売上たベストセラー・デールカーネギーの「人を動かす」を読み、人を動かすための原理を学びました。

世界の誰もが知っている心理学者の本です。

そして私は、365日娘がグズグズする度に「早くして」という言葉を使わずに解決する方法を探し、試しました。

結果、非常に効果的な方法が6つ見つかりました。

まず人を動かすと言う本は、子育てだけでなく、ビジネス、夫婦関係、恋愛、様々な場面で応用できるノウハウがたくさん詰まっています。

この本は、1年半もの時間をかけ資料を集め、15年分のデータをまとめ上げた最強の本なのです。

人を動かすは、読んで全く損がない本です。是非一度ご一読ください。

人を動かす9つの原理

まず人を動かす為の9つの原理を見ていきましょう。これを見るだけでも、朝伝える言葉を変えていく必要がある事がわかります。

  1. まずほめる
  2. 遠まわしに注意を与える
  3. 自分の過ちを話す
  4. 命令をしない
  5. 顔をつぶさない
  6. わずかなことでもほめる
  7. 期待をかける
  8. 激励する
  9. 喜んで協力させる

9つを見ると「命令をしないで人前で怒らず、気づかせながら率先してやりたいと思わせる事が重要」と言う事がわかります。

それではこれを応用して成功させた私の方法を共有します。

褒めてやる気にさせる

実はホルモンの働きでも、褒めることは非常に有効です。ドーパミン(幸福物質)と呼ばれていて、褒めることでどんどん出てきます。

すると「目標を達成したい」という充実感を目指します。

さらに、行動に対する「否定的な言葉」は一時的な効果しか生まない事を、世界的に有名な心理学者B・F・スキナーが証明しています。

B・F・スキナーは、動物の訓練では、善い事をした時に褒美をやった場合と、まちがったときに罰をあたえた場合とをくらべると、前の場合の方がはるかによく物ごとを覚え、訓練の効果があることを実証した。また、その後の研究から、同じことが人間にも当てはまることがあることを実証した

引用元:D・カーネギー「人を動かす」

「早く食べて!」という言葉は、子供からすると自分を否定されているのと同じに聞こえてしまうんです。

「ママからみたら遅いと思われている」こんな感覚でしょう。ママもママの基準で遅いと言っていると思います。

デールカーネギーのデータによれば「人は否定されることを一番嫌う」と言います。

本当に些細な事でも褒めることで、子供はその気になってくれます。

「そんな事でお褒める必要ないよ」と思うかもしれませんが、褒めると言うことは認めた事の表現です。

ただ、なかなか褒め方や褒めるポイントがわからないと言う方に、私が活用している褒めるポイントを具体的に5つシェアします。

朝ご飯一つとっても褒めるべきポイントは沢山あります。

  1. 外見
  2. 態度
  3. 言動
  4. 行動
  5. 第三者

それでは一つ一つ解説していきます。

外見を褒める

先ずは外見を褒めていきましょう。ご飯を食べる前にも褒めることは可能です。

「そのワンピースどこで買ったんですか?すごい似合ってますし、可愛いですねー」と言われて嫌な人はほぼいないです。

このやり取りをそのまま使って頂いても構いません。

エナジー

エナジー

おはよー!そのパジャマ可愛いねー!誰に買ってもらったの?
むすめ

むすめ

うん!いいでしょ!これママに買ってもらったんだよ!
パパ

パパ

いいなーパパも買ってもらいたなー!
まず、これくらいでジャブを打っておきましょう。会話する事で脳もどんどん動いていきます。

態度について

ご飯を食べることだけでなく、座っている姿勢についても褒めてあげましょう。その場で落ち着いて座っている事についても褒めると良いです。

エナジー

パパ

食べる姿勢がすごい綺麗だね!幼稚園で習ったの?
むすめ

むすめ

そうだよ!〇〇先生がね、ちゃんと座らないといけないって言ってたよ!
パパ

パパ

幼稚園行くとそんな事まで教えてくれるんだね!ちゃんと毎日行かないとね!

言動について

ここは意図的に褒める状況を設定していきます。食べている物を答えさせて、正解させて下さい。こんな感じです。
エナジー

パパ

それ、何食べてるのー?
むすめ

むすめ

にんじんだよ!
エナジー

パパ

にんじんって何色?
むすめ

むすめ

えー!オレンジ
エナジー

パパ

すごいねー!正解、じゃーにんじんってどんな味するの?
意図的に答えられる問題を作り、それに対して正解できた後にその事を褒めましょう。最後に味の感想を聞きたいので、食べてもらいましょう。

行動について

行動はもちろん「食べた事」について褒めましょう。その時に大切なのは過去と比較してあげる事です。

エナジー

パパ

すごいね!ちゃんと食べてるね!昨日より全然食べるのが早いねー!
実際は食べるのが遅くて、ほんの少ししか食べてなくても言ってあげましょう。そして昨日よりも今日と言う具合に、本人の過去と比較してあげるのが良いです

行動について2

食べた事以外にも褒めるところはたくさんあります。スプーンや箸が上手に使えている事にも褒めてあげましょう。

エナジー

パパ

上手にスプーンが使えるね!さすが幼稚園に行っているお姉ちゃんは違うね!

第三者にも褒めてもらう

第三者と言うのは、二人以外の人です。つまり、ママかパパにも報告して褒めてもらうと言う事です。

エナジー

パパ

ママどお?見て!○○ちゃん昨日より早く食べてるよね?
ママ

ママ

えーー!本当だ、すごいねー!それだけちゃんと食べていれば、どんどん大きくなるねー

 

こんな具合に食べた事を認めてくれる人の範囲を増やす事で、さらに食べる速度は加速して行きます。

ここで注意したいのは、褒める側の声の大きさとリアクションです。

内容よりも「スゴイねー」「偉いねー」がどれだけ表情に現れるかが大事です。

食リポの人が「香ばしいにおいがまるで・・・」と真剣に伝えてくれるよりも。

おいしさに関しては、宮川大輔さんが、口に含ませて、目を大きく開けて、笑いながら「んまーーーーーい」って言ってた方が、実際その美味しさは伝わります。

顔は口程に物を言う」です。

褒める側の表情がとても大事です。忘れないで下さい。

ゲーム性を持たせることで更に加速する

子供は競争をすることがとても好きです。なのでゲームを設定していきましょう。
  1. どちらが早く食べれるかゲーム
  2. スプーンで一番多くご飯をすくえた人が勝ちゲーム
  3. 動物のお口で食べれるかゲーム

どちらが早く食べれるかゲーム

想像がつくと思いますが、ちょっとだけルールがあります。

パパとママ、どちらがやって頂いても構いません。

兄弟がいる場合は、2人対パパ、2人対ママに設定してください。(パパ VS 兄+弟)(パパ VS 姉+妹)その他

兄弟姉妹がいる場合、二人が全部食べ終わらない限り終わりにならないというルールでお願いします。

理由は、お兄ちゃんお姉ちゃんが必ず早く食べ終わるからです。その後パパに勝つ為に弟に食べさせようと協力するはずです。

ゲームが開始した後、このような言葉を要所要所にかけてあげて下さい。

パパ

パパ

パパが勝っちゃおうかなー
パパ

パパ

うわ!スゴイお兄ちゃん早い!
パパ

パパ

お兄ちゃんどお?○○君食べれてる?(弟に向けて)
パパ

パパ

うわー負けそう!!!!

こんな感じで、子供に「負けないぞ!という闘争心」と「パパに勝てるという希望」を与えていくとどんどん早くなります。

どちらがスプーンで多くご飯をすくえるかゲーム

このゲームは単純です。

どちらがスプーンにご飯を多く拾い上げれるかというゲームです。もちろんパパ、ママは負けてください。

最後に全部落として笑われるのも良いと思います。

このゲームはスプーンでご飯をすくうまでが非常に楽しいゲームです。

一度すくえば口元までご飯を持って行ってしまうのが自然です。一見ただのゲームに思えますが、メルロビンスの5秒ルールのきっかけをつくるゲームなのです。

5秒ルールとは「人間やろうと思って5秒たつとやらない理由を考え出す、逆にやり始めると1回では終わらない」という脳の働きです。

早くアクションを起こさせるきっかけをつくるためのゲームです。

動物のお口で食べれるかゲーム

これは、ゲームと言うより真似っこ遊びです。動物の口の大きさでご飯を食べると言う物です。最初は3匹の動物を設定しましょう。
  1. ネズミ
  2. ライオン

最初はちょっとでもご飯を口にする事が大事なので、ネズミさんのお口で食べましょう。

小さく何回も噛むようにしてパパが見せてあげて下さい。

次は猫さんなので普通の大きさで食べて見せます。

最後はライオンさんなので、顎が外れるくらい大きな口を開けてガブッと食べて下さい。

パパが「お手本を見せる」→「子供が真似をする」という順番でやって見て下さい!子供から他の動物を提案されるかもしれません。

ごっこ遊びで食べる速度が10倍加速する!

私はとにかく娘にご飯を食べてもらいたい一心で、常に試行錯誤していました。

その結果、ゲームより手っ取り早いのが、ごっこ遊びだったと気づきました。

子供はヒーローやアニメのキャラクター、そのキャラクターが使う技を真似するのが大好きです。

ほとんどの子が何かしらのアニメやヒーローを見て育っているはずです。

子供は楽しくなれば、なんでもその気になってくれます。

ご飯を食べる時に、ヒーローやアンパンマンの人形、ガチャガチャで買ったものを利用して、一緒に食べさせてあげてください。

人形を持ちながら口元にご飯を運んでいくのは非常に効果的です。

パパとママはしっかりアニメのキャラになりきってご飯を食べさせてあげてください。

一つ子供の闘争心に火をつけるようなトークがありますので、人形を両手に持ち掛け合いをしてあげて下さい。


人形A:
まーFちゃんじゃーこれだけのご飯を食べるのは難しいよな

人形B:
ホント!?でも、もう3歳のお姉ちゃんだからだ食べられそうだけどなー

人形A:
そんなわけないだろ?どうやって食べるんだよ?これ食べられたら俺はなんでも言う事いくよ

人形B:
んーでも食べられそうな気もするんだけどなあ?どおFちゃん?
こんな感じで子供の前で人形を向き合わせて、独り言のようにぶつぶつ言ってみて下さい。その気になって食べ始めます。

「本当に食べるの?」と言う方に実際に実演している音声をお聞きください。

娘が最後に「もう一回やって!」と言うほどにその気になっています。

ファミレスで早くご飯を食べさせる為のトーク

親がそばにいる

お皿洗い、幼稚園の準備、洗濯、大変ですよね?それでも子供の横に居て上げる事も大事です。
手が止まった時はこんな感じで言ってあげて下さい。
パパ

パパ

「そのオレンジ色のやつ、なんて言うの?
むすめ

むすめ

にんじん・・・
パパ

パパ

そう!スゴイじゃん!にんじんどお?おいしい
むすめ

むすめ

・・・・
パパ

パパ

じゃーパパにちょっとだけちょうだい・・もぐもぐ・・・おいしいね!◯◯ちゃんもちょっと食べてみて!
むすめ

むすめ

もぐもぐ・・んーおいしい!
こんな具合に食べてる物を答えさせたり、美味しいか聞いたり、パパも一緒に食べたりしてください。

お弁当箱にご飯を入れる

少し変わった方法だと思いますが、なぜかお弁当箱にご飯を入れると喜んで食べてくれます。運動会か何かを思い出しているのでしょうか?

それとも、本来外で使う物を、家で使うという特別感を感じているのでしょうか。はっきりした答えは出ていませんが、その新鮮さが子供の心を動かすようです。

無条件に食べてくれるので、是非試して見てください。

オラフから朝ご飯を食べて

もし、何をしてもダメな時はこちらを作りましたので、見せて下さい。

成功体験を増やす

子供、いや大人も成功体験は非常に重要です。少しでもできた実感を持つ事で、前へ進める力に変わります。

なので、最初のご飯は少な目にしておいて下さい

初心者があまりにも高い山を目の前にしてしまったら「これは登りきれない」と思ってしまいます。

「このくらいなら私にも登れる」と思う事で、最初の一歩を踏み出す事ができます。

あらかじめ、お皿のご飯が無くなるように量を少なくしてあげて下さい。

そして全部食べきったら、思いっきり褒めてあげて下さい。そして、全部食べきったという成功体験を与えてあげて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?是非明日の朝から活用してみて下さい。朝イライラしたスタートなのか、清々しいスタートなのかでその日、一日の気分は全く変わります。

この記事が少しでもあなたの役に立つ事を願います。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

energy

エナジーと申します! 交渉と心理学がとても好きです。 イヤフォンジャックが絡まっただけでイライラする人間でした 笑 家族は3人幸せに暮らしております。 コメントはお気軽に!