子供がシャンプーを嫌がらず簡単に大好きになる三つの方法と流すコツ

2019年4月19日

LINEで送る
Pocket

シャンプーを怖がって、なかなかしてくれない。「ヤダヤダ」と言って近づいてこない。

親は早く洗ってご飯を食べさせたり、寝る準備をしたいのに「もう!早くして!」

と言いたくなりますよね。

そんなあなたに、今日は子供がシャンプーを好きになる方法を二と、洗い流すコツを一つ、お風呂上がりに体を拭くゲームを一つ、紹介します。

ちなみに私の娘はシャンプーが大嫌いでした。以前シャンプーが目に入ってしまい、痛い思いをしたからです。

頭に水をかけるだけで「うわーー」「ふえーん」と言って「やめてやめて」と言っていました。

しかし、今では今回の方法で逆にシャンプーを好きになってくれました。

その方法をシェアしたいと思います。

なぜシャンプーを嫌がるのか?

本当のところは本人が知っているというのが正解だと思います。

仮説としてこちらの記事をご覧ください。大きく分けて二つの項目に分かれます。

  1. 恐怖心
  2. シャワーの温度が高い

恐怖心を感じる子は、以前に「顔に水がかかって息がし辛かった」あるいは「シャンプーが目に入って痛かった」という経験を持っていると思います。

しかし、心理学者アルフレッド・アドラーの目的論の側面から考えると子供は嫌がる事で何かを果たそうとしています

  • 親からの優しさを求める
  • 親の注目を独り占めしたい

子供が嫌がれば、親は悩み困ります。「少しでも自分の事を考えて欲しい」「優しくして欲しい」という部分が行動を引き起こしているかもしれません。

シャンプーをしてみたいと思わせる3つの方法

いずれにせよ私は、楽しい事があれば子供は何でもすると考えています。

ドライヤーを好きになる方法時も同じですが「その気にさせる」と言う事が何よりも大切だと思います。

「いくら楽しい事があっても、そう簡単にやらないでしょ?」と思うかもしれません。

大丈夫です。この方法ならシャンプーを好きになってくれます。

シャンプーで憧れのキャラに変身作戦

引用元:公式サイト

子供はアニメのキャラクターが大好きです。そして、そのシーンや技、着ている衣装や髪型に憧れをもっています。

そこで、シャンプーを利用して髪型を作ってあげて下さい。

また、改めて記事にしたいと思いますが、子供を動かすには子供の好きな物に注目する必要があります。

まずは、パパがキャラクターの髪型になります。

パパ

パパ

じゃー「ジャックジャックに変身しまーす」(ミスターインクレディブルの赤ちゃんキャラ)
これでまだ興味が湧いてこない場合、次はメルちゃん or アオくんの髪の毛をジャックジャックにしちゃいましょう。
うちはジュディーも好きなので、ジュディーもやってみて下さい!
引用元:公式サイト
子供との共通言語が増えれば、何が子供にとって楽しいか分かるようになります。
親も子供の遊びに常に注目する必要があります。
これで少し興味が湧いてくると思います。
顔が楽しそうになってきたら、テストクロージングをして下さい。
テストクロージングとは簡単に言うと「やるかどうかの確認です」
パパ

パパ

ジャックジャックにしてあげようか?
するとウチの娘はこうなります。
これで一度様子をみて下さい。もしこれでダメな場合次の作戦に行きます。


キャラクターからのお願い作戦

 

こちらは、子供が人形にシャップーをするという作戦です。

シャンプーの泡を怖がっている子供は、まず泡自体を触れさせてあげる事から始まると思います。

人形は、子供自身を映し出している設定にすると良いです。

※人形の設定:シャンプーが苦手、水が怖い

そして人形を洗った後「私も洗ったから、あなたも洗って」と言う流れにします。実際に音声がありますので是非お時間ある方は聞いて下さい。

こちらに簡単に掛け合いを載せます。

パパ

パパ

じゃー◯◯ちゃん!今日はメルちゃんの頭をシャンプーしてみて!
むすめ

むすめ

はいー!メルちゃん気持ちいい?
メルちゃん

メルちゃん

うん!最初は怖かったけど、やってみるとすーごい気持ちい!泡も全然平気だし、顔に水がかかっても全然大丈夫!あー気持ちよかった!じゃー今度は◯◯ちゃんもシャンプーやってみて !
むすめ

むすめ

はーい!
メルちゃんの言葉は私たちが話します。メルちゃんはとにかくシャンプーは大丈夫と言う事をアピールするような言葉を使ってください。

ふんわり泡あわ大作戦

これは、シャンプーの泡を大きくしてパパの頭に乗っけるという遊びです。

白いフワフワしたものが、頭の上にのっかると面白いのです。

「白いうんち?ww」とか言うともっと笑います。

メルちゃんにもつけてあげて下さい。
そしてこの後、泡をとって壁に投げて下さい。
壁にくっついてしまったら、泡が無くなってしまいます。そこでこのように言ってください。
パパ

パパ

今度は◯◯ちゃんの頭で泡作ってみる?
こんな感じで、きっかけを作ってシャンプーをしてあげましょう。

シャップーをする時の二つのポイント

ちょっとだけシャンプー

かなり嫌がる子の場合であれば、最初は頭を洗うと言うより、毛先だけ洗ってあげてすぐにシャップーを完成させて下さい。

成功体験が大事です。ちょっとでも洗えたら「できたねー!前はできなかったのにすごいねー!」と言ってあげてください。

すると「自分にもシャンプーができる」と思ってくれます。人は例外なく他人からの評価を欲しています。

口で音楽を流す

同じ空間でも、クラシックなのか、hiphopが流れているのかで部屋の雰囲気が変わります。

なので、出来るだけ楽しそうな音楽を口ずさんであげてください。

口で音楽を流す時は子供の好きなアニメや、youtubeで流れてるBGMなどを口ずさむと良いです。

そして、リズムよく洗ってあげましょう。

無言でゴシゴシする音が聞こえると、嫌がる子もいるので、音でごまかしていきましょう。

流す時のポイント

立って洗い流す時、上をずーっと見ててもらいたいですよね?そんな時は「上を向いてて」じゃあまり効果がありません。

このように、壁に貼りつくようなおもちゃを使って、上に貼っておいて下さい。そしてこのように言って下さい。

パパ

パパ

見て!上になんか貼ってある!あれはなーに?
むすめ

むすめ

ティー!!!
パパ

パパ

Tは何色ですか?
むすめ

むすめ

きいろ!
答えている間、子供はずーっと上を見上げています。
その間に、サーっと水を流してあげてください!何枚か貼っておいて、問題を沢山出せるようにしておくと便利です。

お風呂上がりに体を簡単に拭かせる方法

子供はエネルギーの固まりです。お風呂から出て体を拭こうとすると、すぐに逃げてしまいます。そのエネルギーを逆手にとって体を拭いていきます。

拭き合いっこ対決


これは、どちらが早く自分の体を拭けるではなく、どちらの体を早く綺麗に拭くことができるかという対決です。

パパは子供の体を、子供はパパの体を拭いてあげます。

子供はパパの体を叩くように拭いてきます。パンチしている感じが楽しいのか、キャッキャ言いながらやってくれます。

多少動きますが、そばにはいてくれますので、その間にバーッと拭いてあげてください。

実際の音声をどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?とにかく子供をコントロールする時は、楽しい事を考えてあげて下さい。

その内、楽しいことが出なくても言う事を聞いてくれる様になります。

買ったおもちゃも無駄になりませんね。

是非お試しください。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

energy

エナジーと申します! 交渉と心理学がとても好きです。 イヤフォンジャックが絡まっただけでイライラする人間でした 笑 家族は3人幸せに暮らしております。 コメントはお気軽に!